Bryonia(ブライオニア)

ライオニアは蔦瓜から作られるレメディです。強く激しい痛みと乾燥、ちょっとでも動くと悪化することが特徴です。具合の悪いときは、動いたり、しゃべったりするのも億劫になります。胸痛を伴う空咳、激しい喉の痛みと声のかすれのある風邪、ひどい頭痛を伴うインフルエンザ、筋肉痛、関節痛、腰痛、便秘、胸膜炎、日射病などに使われます。

ブライオニアの10の特徴

1.貧困への恐怖-お金に対する不安

2.口数は少なく仕事の話しかしない

3.一人で静かにしていたい

4.イライラしやすい

5.渇いている-のどの渇き、目、唇、便秘、空咳など

6.症状はゆっくり進行する

7.症状はちょっとでも動くと悪化

8.朝、起き上がるときに悪化

9.圧迫することで症状は改善-痛い方を下に寝る

10.痛みは割れるような、または重くしくしくする

ブライオニアの人は非常に物質主義で、家やお金のように物質的な安定を与えてくれるものに執着します。そして根底にはそれらの安定と生活の支えになっているもの-特にお金が足りないような感覚が常にあります。これら物質的な基盤を失うとイライラしたり、不安になったり、悲しくなったりします。そのため、蓄えを増やすために株を買って投資をしたり、仕事の鬼になります。お金を稼いでも稼いでも、常に足りないような気がして更に働きます。非常にドライで他人の感情に流されず、客観的、事務的な態度で口数も多くありません。非社交的で、仕事に関する読み物を読み、仕事の話を仕事関係の人とします。仕事以外では外に出ずに家で何もせずにゴロンと横になりたいタイプです。実業家や株式仲買人、会計士など、想像力よりを働かせる仕事ではなく、より現実的なものを選びます。
[PR]
by naturalhomeopathy | 2007-11-28 21:25 | レメディ事典
Chamomilla(カモミラ) >>